ユーザーローカルEC競合調査ツールEC競合調査ツール
HOME      サービス概要      調査申し込み
EC競合調査ツール

競合店舗調査ツール 〜2万7千店舗の中から競合店舗を自動調査〜

「人気商品を揃えているのに売上が上がらない」 「他店との競争で利益が削られっぱなし」 「儲かっているあの店舗の秘密が知りたい」 「競争が少ない商品がわかれば、売上が上がるのに」・・・・こんな悩みはありませんか?

 この「EC競合調査ツール」は、大手ECモール上の2万7千店舗の中から自社の競合店舗を自動で抽出し、その店舗が力を入れている商品・ジャンル、取り扱い商品ごとの価格と価格ランキングの順位、取り扱い店舗数などを調査することができます。

 競合店舗が力を入れている商品・ジャンルを知ることで、自社が力を入れるべきポイントが見えてきます。競合店舗の品揃えや価格戦略を参考にしたり、逆に競争を避けて異なる商品を展開することが可能になります。自社にチャンスがある商品を販売すれば、効率よく売上を伸ばし、不良在庫を抱えるリスクを減らすことができます。


おもな機能 : 2万7千店舗の商品・販売戦略を無料で調査

機能1:競合店舗検索

特定の店舗について、楽天・Amazon・ヤフーショッピング内の2万7千店舗から競合となる10店舗を自動で抽出します。また、抽出した各店舗との取扱商品の重複率を表示します。

■メリット、解決できる課題
 自社と同ジャンルの商品を扱う店舗をなんとなくすべて競合だと認識しがちですが、力を入れている商品の重複率を見ることで本当の意味での競合店舗を知ることができます。

機能2:ジャンルの内訳調査

特定の店舗が力を入れている商品ジャンルの内訳を表示します。

■メリット、解決できる課題
 競合の激安家電通販店が注力している商品のジャンル内訳を見ると、意外に家電の割合が小さかった → 家電を激安で販売できるのは利益率の低い家電の他に利益率の高い商材を充実させているからなのでは?といった分析ができるようになります。

機能3:取り扱い商品調査

特定の店舗が取り扱う商品のうち、力を入れている商品を自動で分析して一覧表示します。
各商品ごとに、販売価格と価格ランキングにおける順位・取り扱い店舗数・在庫の有無を表示します。
■メリット、解決できる課題
 ベンチマークとなる店舗や、逆に競争を避けたい店舗が力を入れている商品リストを、自社の販売方針・戦略の参考にしていただけます。また、取り扱い店舗が少ない商品=自社にもチャンスがある商品を見極めて、仕入れの参考にしていただけます。

※今回提供開始する競合調査ツールは、無料で使えるユーザーローカル価格調査ツール内の追加機能としてリリースいたします。

事前お申込み

 EC競合調査ツールを申し込むには、以下の内容を正しく記入してください。
御社名
必須
メールアドレス
必須
担当者お名前
必須
お電話番号
-- 必須
御社自社店舗のショップURL
必須
楽天市場 店舗URL
ヤフーショッピング 店舗URL
御社お取扱い商品数
商品
現在、競合ショップ調査をなさっていますか? 必須
   
 


サービス運営会社

会社名 株式会社ユーザーローカル
(東京都目黒区目黒1-4-16)
役員 代表取締役社長 伊藤将雄
取締役 渡邊和行
業務内容 ビッグデータ解析ビジネス全般
・アクセス解析ツール事業
・EC分析事業
・ソーシャルメディア分析事業など
代表者略歴 早稲田大学政経学部卒業・早稲田大学大学院修了。楽天株式会社で、エンジニア兼プロデューサーとして、モバイル版楽天市場などの開発・設計を担当。みんなの就職株式会社創業者。
Copyright (C) 2007-2015 User Local,Inc. All Rights Reserved.